釣り関連情報
kameya-fish-net

日記

釣りに使われる細い糸

かめや 釣具店など釣り関連情報についての詳細な情報を以下にてご用意しました。
<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/釣り糸 からの情報>

釣り糸 (つりいと) とは、釣りに使われる細い糸のこと。
ナイロン糸が釣り糸に使用される以前は、テグスサンというヤママユガの幼虫の絹糸腺から作ったテグスや、スガ糸(絹)などが使用されたが、現在では釣り糸専用に開発された合成繊維(ナイロン、フロロカーボン)の糸が主流である。

また、マグロやチョウザメ、オヒョウなど一部の大型魚類の釣りでは、道糸・ハリスともに金属ワイヤーが使用される場合が多く、鋭い歯を持つパイク目やイシダイ、イシガキダイなどの釣りではハリスに金属ワイヤーが使用される。

釣り場に残される釣り糸が水鳥にダメージを与えるとして問題視されており、これをうけて自然分解される釣り糸の開発が進められいる。一部のメーカーからすでに商品化されている。

釣り糸の販売は、江戸中期に徳島の漁師が薬剤を縛る半透明の紐を見て「これを使えば魚はいくらでも釣れる。」と言ったのをきっかけに大阪の船場にある薬問屋だった「広田屋」がテグス商としてスタートさせたのが始まりである。その漁師が実際の漁でデモンストレーションし、これによって釣り糸としてのテグスがあっという間に世の中に広まった。この話は司馬遼太郎の「この国のかたち」にも紹介されている。

釣り竿側に付いている比較的太目の釣り糸を「道糸」(または英語読みのままで「ライン」)、針側の細めの糸を「ハリス」という。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。